導かれて契約社員に。本当に勉強になった一年間でした!

40歳の終わり、トヨタの下請け会社の事務員として入社しました。この入社が、まるで導かれていたような気がしてならないのです。というのも、私が電話をかけたわけでも、入社試験を受けたわけでもなかったからです。勿論コネでもありません。要は、こちらの意欲次第で道が開かれていく、そんなチャンスもあるというお話です。
 それまでの私は、子供が2人高校生になり、 それに伴う費用が要るようになったことと、時間も空いて何か仕事も始めなければ、と思っていた普通の主婦でした。しかし、20代から働いてきたならともかく、もう40代後半になってから探すのでは、自分自身が社会に対して役に立つのかどうか気がひけてしまい、まずは掃除の仕事でもチャレンジしようと思い立ったのです。掃除なら、普段していることの延長で、「難しい」ということで、あまり頭がよくなくても一生懸命やっていけば覚えられる、そう思ったからです。
 そこで、とりあえず目についたチラシの中で対応のよさそうな個人事業を一つ絞り、応募しました。話はトントンと進み、私は翌週から雑巾やマスク、手袋をもって契約先の事務所などを掃除に通い始めたのです。
 仕事に慣れてきた頃、ある一つの事務所の掃除を終えて自家用車に乗ろうとした時、事務所内から所長さんが追いかけてきて、息を弾ませながらこう言ったのです。
 「すみません。あの・・あなたのお友達でここの仕事をお手伝いして下さるような方、いらしたら是非紹介してもらえないでしょうか」実はこの事務所で来年一年間だけ出産のために休職する方がいまして。空きが出るのですが、応募するにも少し時間が要りますし。」とのこと。
 通常なら、
「そうなんですか。それでは心あたりがありましたら、私もご連絡します」などと言っておけばいいのだけれど、私に声をかけてくれたということは、私でもいいのかな、と思い、このチャンスを逃すなんて馬鹿だという言葉がどこからか聞こえ、咄嗟に「あの・・私でもいいでしょうか」と言ってしまったのでした。
 かくして私は、本社からも面接を受け、無事掃除のアルバイトから事務職員へと転職できたのでした。勿論、それ以前に私には元々簿記の資格もPCのスキルも持っていました。そしてこの転職は契約社員ではあっても、トヨタに出入りする回数も多い会社であったことも勉強になりました。その翌年、私は所長の「決してここでの仕事は無駄にならないと思いますよ」と言われたとおり、別の事務員として働くことができたのでした。

医師 転職 産業医 女性 ママ

転職は得か?

人生100年時代とも言われる長い人生の中で、大きな割合を占めるのは、やはり仕事ではないでしょうか。学校を卒業してから、実に40年以上働き続けることになります。
 ところが、インターネットのアンケート調査を見ると、今勤めている会社を辞めたいと感じている人は実に多いようです。
 なぜならば、その大きなひとつの理由には、長時間労働やサービス残響を強いられ、本来は労働者の権利でもある有給休暇が全く取れないなど、仕事を辞めたい理由はいくらでも存在するからです。
 ところが、日本では同じ仕事を続けるのか美徳とされてはいますが、筆者は育った環境もあるせいか、それに対してふとした疑問を抱いてしまうことがあります。
 そして、今の職場に対して長時間労働や人間関係などが原因にあるのに、無理して我慢し続ける必要はありませんし、こういう時こそ、転職の良いタイミングではないでしょうか。仮に、我慢して同じ仕事を続けたのがきっかけで、心身を故障してしまったら元の子もありません。
 やはり、健康な心身があってこそ、仕事が成り立つものですので、変な世間体の常識にとらわれないで、辞めたいと思ったらそれを実行するのが得策なのです。
 それで、転職する前にぜひともやっておきたいことを紹介します。
 先ずは、正社員として在職している最中に、必要なクレジットカードは作っておくこしとです。ちなみに、フリーランスや自営業などは、カードの審査が中々と通り辛いなどの理由があるからです。
 そして、在職中にやっておくと良いのが、少しずつ副業などで自分で稼ぐ力をつけておくと理想的です。万が一、勤めている会社が倒産したとしても、それ以外に収入源があれば、そのダメージを少なくすることもできます。
 また、世間では「働き方改革」や「副業」がテーマにもなっているので、フリーランス向けの環境も整ってくることでしょう。
 そして、個人的な理由で今の仕事を辞めたい時も、副収入があればそれもあまり難しくはありません。希望している仕事が見つからない時は、副収入以外にも短時間のアルバイトをすれば一応生活できるようになります。
 フリーターは、世間から見ると良くないイメージが付きまとっていますが、職業の適性や労働観にも個人差があります。
 雇われない働き方の最大の武器はお金ではなく時間なのです。自分が自由に使える時間が多くなれば、前から取り組んでいた副業の収入アップも夢ではありません。
 お金に関する価値観は人によって違いますが、例え正社員を辞めても生活に特別困らなく、自由な時間が増えれば今と比べて、きっと幸せな人生を送ることも可能ですよ。

医師 転職

「3年耐えろ、は嘘!」転職のすすめ

来月からいよいよ新年度。社会人として、新たな一歩を踏み出すかたも多いことでしょう。

今回は、そんな新社会人…そして、いよいよ先輩になる若手社員世代に向ける≪転職≫がテーマのお話です。

学生時代の就職活動。すんなりと内定をゲットした人もいれば、ぎりぎりまで決まらず大変な思いをした人など、様々でしょう。

さて、いま働いてる企業は、あなたの第一志望でしたか?また、実際に働いてみた感想はどうですか?

日本の企業には古くから「とにかく3年は勤めてみろ」といった風潮があり、若手社員はなかなか転職を考えることはないかもしれません。実際、いまの仕事に満足しているのであれば、3年とは言わず長い目で職場に貢献しつつ成長していくのは良いことです。

ただ、第一志望の企業に落ちてしまいなんとなく入社してしまった場合や、入社してから自分の思い描いていたビジョンとは異なる場合…無理してその仕事を続けることは果たして良いことでしょうか?

これから10年、20年といった長い未来…そこでやりがいを持って働いている自分の姿が思い描けますか?

ここで違和感をおぼえた人は、一度≪転職≫について真剣に考えてみたほうが良いかもしれません。

学校を卒業して間もない新社会人ならば、第二新卒枠を狙って、就職活動を再チャレンジすることが出来ます。

また、1~2年間勤めた人も、改めて自分のやりたい仕事について考えてみて、もしかするとその勤めた期間で学んだことが転職活動でPR出来る要素になるかもしれません。

役職が上の古い世代からは「これだから若者は…」と嫌味を言われるかもしれません。ですが、自分自身の人生であり、仕事はそのなかでも大きな割合を占めています。

この春、いま一度、自分と、自分のビジョンを見つめ直してみてはいかがでしょうか?

パイナップル豆乳ローション ドラグストア

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !